南相馬市の今 6月  福島県国際交流協会東日本大震災に関する活動助成事業
    HOME   English   中国語   韓国語            
富田高慶の墓
静岡県下田市の渡部信さんと中村弘さんらボランティアは5月16日、震災で墓石が倒れるなどした南相馬市
原町区石神にある二宮尊徳と二宮尊徳の教えを伝えた相馬中村藩士富田高慶らの墓の修繕作業に取り組んだ。
天明・天保の二大飢きんによって困窮した中村藩を救ったのは、富田高慶が指導した報徳仕法でした。
「報徳」の心は今もなお南相馬市に生き続けている。
姉妹都市友情の輪

姉妹都市から友情の輪。
南相馬市の姉妹都市米オレゴン州ペンドルトン市の女性3人が6月2日南相馬市を訪問した。訪れたのは5年前に高校生派遣団員として南相馬市を訪れたケイトさんとトリナーさん、ターニャさん。現地NPOが主催した「オレゴンから愛を」東日本大地震支援ツアーの参加者約70人と宮城県を訪れ、南相馬市に足を伸ばした。ケイトさんら3人は2日は物資配給手伝い、3日は避難所でボランティアを行い、Tシャツなどを配った。

仮設
5月28日から南相馬市鹿島区に建設された仮設住宅への入居を開始した。一次募集の仮設住宅は505世帯。2680件の応募世帯の中から乳幼児や妊婦、高齢者、重度の障害者らを優先し、入居者を決定した。仮設住宅は1DK、2K、3Kの3種類で風呂、トイレ、エアコン、駐車場が付いている。入居者には日赤などから冷蔵庫や洗濯機、テレビなど6点の家電が贈られた。
市では鹿島区の仮設住宅入居者(第三次〜)を募集している。問合せ:建設住宅課 0244(24)5253
1 2 3 4 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30