南相馬市の今、10月  福島県国際交流協会東日本大震災に関する活動助成事業
  HOME English 中国語 韓国語  
小中学校一部再開
原町区内の小中学校(5校)再開
原町区内にある小中学校5校が、10月17日約7カ月ぶりに元の校舎で授業を再開した。校舎内に児童や生徒の笑顔が広がり、「元の学校に戻れてうれしい」と喜ぶ声が聞こえて来た。市教育委員会はこれまで禁止していた野外活動を1日2時間に限り認めた。体育館でのスポーツ活動もゆったりできるようになった。他の7小中学校は、再開時期を検討中である。
農産物放射線測定
農作物の放射能測定、10月24日から申込受付開始。
@対象:南相馬市民、南相馬市産の農産物のみ(野菜・果物・きのこ類) A農産物は重さ1kg以上必要で、1世帯1品種です B無料 C電話申込が必要です。 C農産物は前処理の方法に従って処理し、持参する。 
妊婦さんへ電子線量計を無償で貸し出し
対象者:南相馬市に住所がある妊婦の方 100名 期間:約1年間 申込方法:説明会に参加した後、申込となる。
*今回貸し出す電子線量計は日本サード・パーティ株式会社(Japan Third Party)のご協力によるものです。
授業を再開した5校の児童・生徒数
原町第一小学校(震災前 616人、10/17現在 203人)、原町第三小学校(544人、186人)、大甕小学校(204人、75人)、原町第一中学校(503人、258人)、原町第二中学校(307人、164人)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 23 24 25 26 27 28 29 30