南相馬市の今、8月  福島県国際交流協会東日本大震災に関する活動助成事業
    HOME   English   中国語   韓国語            
ゴーヤのグリーンカーテン事業
「オーストアリア短期派遣」福島県とオーストリアの国際ロータリーによる東日本大震災学生支援プロジェクト
相馬市、南相馬市在住の相馬高5人、相馬東高5人、原町高9人、小高商高2人の合計21名の高校生がホームステイしながら、8月2日から19日間オーストリアに滞在する。ウィーンを中心に滞在し観光や文化・音楽体験、地元高校生との交流などを行い、現地で震災被害の体験や原発事故への思いなどを伝える。渡航費、滞在費とも両ロータリーの負担で参加費は無料。7月16日相馬市でオリエンテーションが行われ、駐日オーストリア大使も出席した。


特定避難勧奨地点


南相馬市では7月21日線量調査の結果を基に、積算線量が避難の目安となる年間20ミリシーベルトを超える59世帯が、
自主的な避難を促す特定避難勧奨地点に指定された。子どもや妊婦のいる家庭は基準を下回っている場合でも対象となった。
南相馬市は今回の指定で警戒区域、計画的避難区域、緊急時避難準備区域、勧奨地点、無設定の地区にわかれた。



南相馬市復興市民会議

南相馬市の第2回復興市民会議は7月17日南相馬市原町区の市民文化会館で開かれ、基本理念、主要施策をまとめた復興
ビジョンを8月に、具体的な取り組みを盛り込んだ復興計画を12月に策定する手順が示された。
「心のふるさと 南相馬市に生きる」を基本理念のスローガンとし、@全ての市民が帰郷し、地域の絆で結ばれたまちの再生
A逆境を飛躍に変える創造と、活力ある経済復興B原子力災害を克服し災害に強い安全・安心のまちづくりを
基本方針に掲げた。次回は8月6日に開かれる予定。
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30