南相馬市の今、7月  福島県国際交流協会東日本大震災に関する活動助成事業
    HOME   English   中国語   韓国語            
ゴーヤのグリーンカーテン事業
室内の暑さを和らげる緑のカーテン。
市内の“南相馬市震災復興に取り組む農業の会”は6月23日鹿島区の仮設住宅の窓際につるをはわせて、ゴーヤのプランターを設置した。
現在ゴーヤの苗とプランターのセットを販売している。売上金は仮設住宅の入居者にゴーヤのプランターを設置する費用に充てられている。これまで70セットを提供した。詳しくは http://www.plant2plant.org
原町高校生徒会役員が義援金
原町高の生徒会役員を務めた卒業生有志が、都内で募金活動。
卒業生は東日本大震災で被災した現役生を支援するため、3月に代々木公園で街頭募金活動、協賛店への募金箱設置、インターネットでの呼びかけを行い、善意を集めた。代表の3人は6月20日、サテライト校として現役生が学ぶ相馬市の相馬高を訪ね、生徒会に浄財161万円余りを贈った。
みんなは「母校のために何かできないかと動きだしました、今後も継続的に支援できれば」と話している。
ホールボディカウンター
*対象者:小学生以上の市民(原発事故発生時に南相馬市に住んでいた小・中学生、高放射線量地域に長く生活していた人が優先) *検査料金は無料 *検査日時:7月11日(月)から毎日実施/土・日を除く *場所:南相馬市立総合病院 *申込方法:電話での予約必要。予約受付開始7月6日。受付時間:午後2時から4時まで(月〜金)。予約先:南相馬市被ばく検診受付専用ダイヤル(0244−25−7820) *検診日と問診票:予約受付後に検診日程と問診票を郵送。問診票を記入し検診日に持参する。 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30