日・韓比較ばなし
協会について 協会会員   姉妹都市 MsiaHOME 日本語教室 中国語教室  
  鈴木さんは国際交流協会で翻訳、通訳、韓国料理の講師などいろいろお手伝いをしています。  
 
日本と韓国の食卓の様子は異なっています 。家族間でも各自めいめいの食器いわゆる取り皿を使って鍋や大鉢から取り分けて食べるのは日本式で、鍋から各自の匙でチゲをすくって食べるように、韓国では取り皿を使わないでみんなで直接鍋や大鉢から取って食べます。これを見て非衛生的だと思う方もいるかもいるかもしれませんが、韓国では睦まじい証だと考えます。

韓国、中国、日本は近隣国ですが、匙やお箸の形も違います 。日本は先が細くなった木製箸を使い食器を持ってご飯を食べますが韓国は鉄製の箸です。またお吸い物をたくさん食べる文化があるので、必ず匙を一緒に使います。食卓に茶碗や皿を置いたまま片手だけを使って食事します。

“目で食べる”と言われる日本の食卓は、美しさを追い求めて量が少なくて格好よく出されますが、韓国の食膳は食べきれないほどたくさん料理がでます。それがもてなしです。
このウェブサイトについてーリンク・著作権ープライバシー・ポリシー。

Copyright (c) Msia Minamisoma International Association. All rights reserve.